30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

30代は絶対に在職中に転職活動をした方が良いに決まっています!

      2015/12/16

市場価値が高くても在職中の転職活動がいい?

 30代と言えば、転職市場では引く手数多。市場価値はどの年代よりも高いでしょうし、経験やスキルと若さというバランスを考えた時には、多くの企業が欲しい年代となるでしょう。これだけ市場価値が高ければ、退職後に転職活動をしてもすんなりと転職先が決まりそうに感じると思うかもしれませんが、それでも転職活動は在職中にしておかなければなりません。

 すんなりと決まるなら、そもそも辞める必要がないはず。自分のキャリアを表にする時、空白期間が1ヶ月でも2ヶ月でもあれば、それは大きなマイナスです。わざわざそんなマイナス部分を作る状況を選ぶ必要はないのです。

需要があるからこそ出てくるメリット

 転職市場において非常に価値が高くニーズがあれば、在職中に転職活動を行うことで考えられるデメリット、これも陰が薄くなるでしょう。

 例えば、「面接の日程調整が難しい」というデメリットですが、既に述べたように30代はとても需要が高いので、応募をして面接を受けたいと申し出れば、企業の方が積極的に日程の調整をしてくれるはずです。事前に履歴書や職務経歴書を出しており、その上で面接を受けさせてくれるとなれば、余計に企業はあなたの為に時間を作ろうとするでしょう。

 高い市場価値を持っている30代の転職希望者にはこうしたメリットが生まれるため、在職中に転職活動を行っても問題はないのです。

転職系サービスの多用も可能

 「転職活動に費やす時間がない」という、在職中に転職活動をする時によく言われるデメリットも、30代であれば特に大きな問題とはなってきません。

 ニーズがあるということは、転職系のサービスをフル活用することができるということでもあります。転職エージェントも、30代には必至になってお世話をしようとするでしょう。良い企業を紹介してくれますし、当然転職に必要なあらゆるアドバイスや調整などをしてくれます。スカウト機能も、使ってみれば多くの企業からメールや問い合わせが届き、需要の高さを実感できるはずです。

 1日中、また、それを何ヶ月も転職活動に費やさなくても、転職系サービスを使えば時間が作れないなりに良い転職ができる、これが30代の大きなメリット。転職活動のために会社を辞めることなんて、バカバカしく感じてしまうのではないでしょうか。

関連記事

  • 転職する際の4つの注意事項を紹介
  • あなたは今、仕事が楽しいと言えますか?
  • 目的を決めてこその転職
  • 30代の市場価値とは
  • 30代で転職するのならどのタイミングがいい?
  • 30代は転職にピッタリの時期である
  • 休職中の転職活動に問題は?考えられる幾つかの“問題”に焦点を当ててみましょう
  • 問題とその修正によって変化する転職活動期間|目指すべき期間は?
  •  - 転職活動の準備

      関連記事

    30代は転職にピッタリの時期である

    30代は転職真っ盛り  30代というと、働き盛りで昇進も視野に入ってくる年代です …

    問題とその修正によって変化する転職活動期間|目指すべき期間は?

    問題がなければ3ヶ月以内  何も問題がなければ、という表現は少しざっくりとしてい …

    目的を決めてこその転職

    何故転職したいのか  転職をしたいのなら、当然のことながら「何故転職したいのか」 …

    休職中の転職活動に問題は?考えられる幾つかの“問題”に焦点を当ててみましょう

    ルール上は問題ない?  休職中に次の職を求めて転職活動をすることには、幾つかの問 …

    30代の市場価値とは

    求められる価値は「実績」  30代で転職するとなると20代と比べるとキャリアがあ …

    30代で転職するのならどのタイミングがいい?

    できれば早い段階がベストではあるが  同じ30代でも前半と後半では求められるもの …

    自己分析は転職成功の基本

     30代でキャリアアップ転職を目指すなら、まず自己分析をしっかり行うことが大切で …