30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

30代の履歴書で見られるところは

   

30代の職歴

 30代の転職となればどちらかという職務経歴書の方が重要視されますが、だからといって履歴書も決して見られないわけではなく、履歴書も手落ちせずに書かなければいけません。

 そんな30代の履歴書で最初に目に付くところといえば職歴になるでしょう。人によっては学校を出てここまで転職なしで1つの企業で働いた人もいれば、転職をしたことがある人もいるでしょう。

 当然のことながら転職というのはその転職回数が多くなればそれだけ不利になります。そしてそれは職歴を見れば一発でどれだけ転職したか見破られることになるのです。

 30代であれば1回程度ならよいのですが、2回以上となると短期間で長続きしない人間と見られることになります。ですがだからといって書かないと虚偽の工作となって相手からの印象は最悪になってしまいます。

 転職したことがないのならそのまま基本的な情報を書いていけば問題ないですが、転職したのであれば退職の理由次第ではまだ相手の印象も変わるので、相手に悪い印象を持たせないような退職の理由を書いておきましょう。

 ただしすぐバレるような嘘を書くのは控えるようにしてください。

志望動機と自己PR

 30代でなくてもここが見られるのは当然とはいえます。30代となればどちらもその書き方としては抽象的にならず具体的な理由が書かれていることが求められることになります。

 相手にはっきりと伝わるような文章で書くようにしましょう。時には企業に出す前に他人に見せて伝えたいことが伝えられるかを確認するのもいいです。

関連記事

  • 30代だからこそしっかりと郵送しよう
  • 大事な職務経歴書で気をつけるべき点は
  •  - 履歴書と職務経歴書

      関連記事

    no image
    自己PRと志望動機は考え過ぎに注意!

    一番悩むのは自己PRと志望動機  履歴書などの書類を書く時、最も頭を悩ませるのが …

    no image
    30代だからこそ履歴書を完璧にしたい

     30代で転職活動をするとき、必ず作成しなければならない書類があります。それは、 …

    no image
    採用を左右する職経歴書

     前章で、30代での転職活動には、「履歴書」と「職務経歴書」が不可欠であることを …

    no image
    30代だからこそしっかりと郵送しよう

    サイズは大丈夫か、折って送ってないか  30代だからこそ応募書類を送る時にはマナ …

    no image
    大事な職務経歴書で気をつけるべき点は

    何ができるか  企業が職務経歴書を必要とする理由は何でしょうか?それはその応募し …