30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

30代だからこそ転職エージェントを使おう

   

中途採用の注目株

 会社が中途採用をするときは、退職者による人材補充、新規事業立ち上げ、事業拡大、管理職者層の拡充等の理由を抱えています。そうしたときビジネスマナーを身に付け、一定のスキルがあり、多少なりとも管理職経験もある。様々なパターンのビジネスシーンを乗り越えてきた経験を有し、且つ将来性も十分に温存している。健康であり、バイタリティがあり、柔軟性もある。こうした多くの要素を備えていると注目されるのが30代なのです。

注目株といえ油断大敵

 30代が中途採用市場で注目株だからといって、常に順風満帆に事が進むとは限りません。むしろその逆と考えた方がいいかもしれません。何故なら、優秀な応募者が殺到し易い傾向があるからです。こいっては何ですが、例えば採用枠1名の人材募集として、その採用試験の場にどうでもいい応募者10名と、高いスキルを持った応募者3名といったケースのどちらが採用のハードルが高いでしょう。

 答えは後者です。採用側は当然優秀な人材を欲しがりますから人材を精査し、熟慮を重ねます。その結果総合的な見地から判断されることになるからです。そうなれば当然高いハードルの中での選考とならざるを得ないからです。まさに油断大敵の戦場と考えて真間違いありません。

限りなく憧れに近付くための転職

 私たち日本人は自己ピーアールが下手だとよく言われます。自分もそうだと思って転職活動をした方が無難です。とはいってもそう思っているだけでは採用も覚束ないのはいうまでもありません。それを克服する術を身に付けるために、自覚せよという意味です。

 せっかくの自分を正しく表現できないのでは採用の最大の関門である面接を乗り切ることなどできません。自己ピーアールはまさに面接のためのとっておきの武器なのです。この武器は決して凶器ではなく、効果的な演出術を身に付けることになるのです。

 この技術を教えてくれるのが転職エージェントといわれる会社です。どの業種の会社もそうですが、どこでもいいというわけではありません。特長は様々ですので、自分に合った転職エージェントを探すのが重要です。そういったことを念頭におきながら、実に様々な求職者を転職へと導いた実績を有するリクルートエージェントを筆頭に、自分なりに精査することをお勧めします。そうすれば憧れの企業への転職も目の前に見えてくるようになります。

 - どの求人媒体が有効?

  関連記事

no image
転職者と企業の中を取り持つプロ

転職エージェントの特徴  転職エージェントとは、別名、人材紹介会社のことです。中 …

no image
自分に合った転職サイトを選ぼう

前書  Web時代となった現代。ネット上で求人情報を探すのは当たり前となりました …