30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

自己PRと志望動機は考え過ぎに注意!

   

一番悩むのは自己PRと志望動機
 履歴書などの書類を書く時、最も頭を悩ませるのが自己PRと志望動機でしょう。何度も書き直し、次第に何を書けばいいのか全くわからなくなる、そんな負のスパイラルに陥る人も少なくないと思います。

 確かにとても重要な項目ではあるのですが、あまり深く考えすぎないことが大事。素直に自分の中にあるものを自分の言葉で表現すれば、それは不思議なことにしっかりと伝わるものなのです。
 
 とは言っても要点だけは抑えておかなければなりません。30代で転職を目指しているのに、その自己PRと志望動機が高卒者や大卒者のようであっては、採用への道は開くことはないでしょう。

 
 まずは自己PRから考えてみます。これは、30代の転職希望者であれば、過去の仕事と照らし合わせて書くのが鉄則です。ただ熱意を伝えようとする人や、自分の性格ばかりを全面に押し出そうとする人がいますが、これが通用するのは10代や20代前半まで。

具体的に何が出来るかをアピール
 30代に突入したらもっと具体的なことを企業は求めてきます。今までの社会人生活で何をしてきたのか、それを会社にどのような形で表現してくれるのかを一番に求めていると認識し、言葉にするようにしてください。
 
 自らの性質や性格ももちろん書いて構いませんが、その性質や性格があると思われる根拠、これも添えておきましょう。より一層説得力が増し、優れた人材である印象を持ってもらうことができます。

 志望動機も基本的には自己PRと導き出し方は変わりません。内容は異なるものの、自己PR同様ただ熱いメッセージだけを伝えても、それは企業にとっては暑苦しいだけ。

 今までどのような経験をしてきて、それをどう活かしたいと思ったのか、その結果、その企業で働きたいと思ったんだと、具体性があればあるほど印象が良くなります。自らの体験と企業の情報収集、これを徹底して洗い出し照らし合わせることで志望動機が書き易くなるはず。
 
 チャレンジ精神を全面に押し出すこともナシではありませんが、よりリアルにするためには、そこにも具体性が求められます。転職は大抵が新しいチャレンジとなるはず。

 そう思われないよう、その企業だからこそ自分の持っているスキルや経験を活かし、且つまだ持っていないスキルや経験を手に入れられる、そういった考えや価値観を志望動機としてまとめてみてください。

 自己PRと志望動機はしばしば混同され、履歴書などのフォーマットによっては同じ欄になっていることもありますが、この両者は分けて書くようにしましょう。自己PRと志望動機は違うものです。また、分けて書くことで、より多くの魅力を知ってもらうこともできます。

 - 履歴書と職務経歴書

  関連記事

no image
30代だからこそしっかりと郵送しよう

サイズは大丈夫か、折って送ってないか  30代だからこそ応募書類を送る時にはマナ …

no image
30代だからこそ履歴書を完璧にしたい

 30代で転職活動をするとき、必ず作成しなければならない書類があります。それは、 …

no image
大事な職務経歴書で気をつけるべき点は

何ができるか  企業が職務経歴書を必要とする理由は何でしょうか?それはその応募し …

no image
採用を左右する職経歴書

 前章で、30代での転職活動には、「履歴書」と「職務経歴書」が不可欠であることを …

no image
30代の履歴書で見られるところは

30代の職歴  30代の転職となればどちらかという職務経歴書の方が重要視されます …