30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

自己分析は転職成功の基本

   

 30代でキャリアアップ転職を目指すなら、まず自己分析をしっかり行うことが大切です。企業の採用担当者にとって、きちんと自己分析ができているかどうかは、応募者が自分を客観視できるかどうかを判断する指標となります。

 過去の成功体験だけでなく、失敗も認めて反省材料とできるひとは、仕事を進めるときにも周囲の空気を的確に読み、その時々で臨機応変な対応ができるため、協調性を持って働くことができると判断されるからです。

 

自分のアピールポイントがわかる

 新卒で就職活動を行うときも、自己分析を行ったと思いますが、30歳以上となると、その進め方が変わります。

 過去の仕事の経験を振り返り、どんな業務を得意としたのか、仕事に関わる人間関係をどう築いたか、自分の行動パターンはどうなっているかを振り返ることで、自分のアピールポイントを見つけることができます。

 

自己分析の進め方

 では、自己分析をどう進めたらよいかをまとめておきましょう。まず、自己分析は必ず紙に書き出します。

 自己分析の目的は、自分を知ることなので、自分がモチベーションがあがるとき、そして下がるときのシチュエーションを考えて、それぞれ紙に書いてみましょう。

 次に、他人から自分が評価されたり、褒められることが多いことと、反対に叱られるのが多いことを書き出します。これが、自分の強みと弱みになります。

 そして、自分がビジネスマンとして、将来どうなりたいと考えているのか、自分なりのキャリアビジョンを描いてみましょう。このとき、「3年後には課長になる」など、具体的にするのがポイントです。

 

第3者の意見も参考に!

 上記の作業が終わったら、それぞれの項目の理由を書いてみます。そしてできれば、自己分析の結果を、キャリアコンサルタントや親しい友人に聞いてみるのです。

 そこで自分の適職やアピールポイントがわかれば、それを活かした転職ができるはずです。

 - 転職活動の準備

  関連記事

目的を決めてこその転職

何故転職したいのか  転職をしたいのなら、当然のことながら「何故転職したいのか」 …

30代の市場価値とは

求められる価値は「実績」  30代で転職するとなると20代と比べるとキャリアがあ …

休職中の転職活動に問題は?考えられる幾つかの“問題”に焦点を当ててみましょう

ルール上は問題ない?  休職中に次の職を求めて転職活動をすることには、幾つかの問 …

30代で転職するのならどのタイミングがいい?

できれば早い段階がベストではあるが  同じ30代でも前半と後半では求められるもの …

30代は転職にピッタリの時期である

30代は転職真っ盛り  30代というと、働き盛りで昇進も視野に入ってくる年代です …

30代は絶対に在職中に転職活動をした方が良いに決まっています!

市場価値が高くても在職中の転職活動がいい?  30代と言えば、転職市場では引く手 …

問題とその修正によって変化する転職活動期間|目指すべき期間は?

問題がなければ3ヶ月以内  何も問題がなければ、という表現は少しざっくりとしてい …