30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

求人情報誌と新聞の利用方法

      2014/08/04

 30代で転職のための求人を探す方法には、いろいろあります。
 求人サイトや転職エージェント、ハローワークなどが主流と言われていますが、今回は求人情報誌と新聞の媒体としての特徴とサービス、利用方法について考えてみたいと思います。

求人情報誌の特徴とサービス、利用方法について

 
 求人情報誌はエリア別に編集されており、手軽に情報収集できることが特徴です。近年は、無料の求人情報誌が駅などに設置されており、その沿線の求人が紹介されているものも多いです。
 
 業界や職種、地域などの項目が設定されているので、希望の求人情報が見つけやすいようになっています。また、サービスの一環として、転職活動のノウハウや、実際に求人情報誌を使って就職を果たしたひとの体験談を掲載していることが多いです。
 
 とはいえ、採用を決めてから、実際に情報が消費者に手が届くまでにすでにタイムラグがありますから、求人情報誌を使って転職活動を行うなら、発行されたその日に入手して、できるだけ早くに応募することをおすすめします。
 
 その際、求人情報誌に添付されている履歴書を使えば、書き方を見ながら準備ができるので、ぜひ活用してみてください。

新聞の特徴とサービス、利用方法について

 
 求人媒体としての新聞の特徴としては、鮮度が高い情報が手に入ることがあげられます。基本的に、朝刊でも夕刊でも、一度きりの掲載になりますので、こまめなチェックが必要です。
 
 UターンやIターンを希望する場合は、地方紙を取り寄せるなどの工夫も必要です。また、業界紙で募集をするのが多い業界もあります。
 
 金融や大手企業なら日本経済新聞に、外資系企業ならジャパンタイムズを筆頭とする英字新聞に、求人情報が掲載されることが多いようです。
 
 新聞を使った求人探しの一番のメリットは、同時に業界や企業の動向をニュースでチェックできることがあげられます。つまり、興味をもった求人を見つけたら、すぐに業界研究や企業研究を始められるというわけです。
 
 日ごろから新聞を読む習慣を持っていれば、より早く求人情報を見つけることができるので、ぜひ活用してみてください。

紙媒体の信頼性

 新聞も求人情報誌も、編集を通して、印刷、配布されるという点で、時間がかかるものです。ですが、発行されているエリアの求人に強いという特徴があります。
 
 中小企業や一般職に勤務したいなら、こうした地域に根差した求人情報誌や新聞の方が、希望に合ったものが見つかるのではないでしょうか。

 - どの媒体が有効?

  関連記事

no image
ハローワークで提供しているサービスとは?

 30代で転職のための求人を探すときは、求人サイトや人材紹介会社を使うひとが増え …