30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

就活にも親が乗り出す時代

親が子の結婚相手を探すために婚活を行うことも珍しくなくなっている最近ですが、子供の就活にも積極的に関わろうとする親も増えているようです。一昔前であれば、親のツテを頼って就職先を探すというスタイルだったのでしょうが、リーマンショック後は大学生の保護者を対象とした就活説明会を開催する大学が増加傾向にあるのだとか。
確かに、新卒の就職内定率が悪化しているのは事実ですから、心配する親も多いのは当然ですよね。しかし、中には現状を子離れできない親による過干渉を指摘する声もあります。
既卒のための就職サイトランキング
http://freeter-employment.net/
30代転職
親が勝手に就職説明会への参加を予約するというケースだけでなく、「大手企業ではないからダメだ」「この会社は先行き不安だからやめておけ」「ブラック企業かもしれないじゃないか」などなど、子供が苦労して得てきた内定に難色を示す親も多いそうです。稀な例ではありますが、勝手に内定を取り消してしまう親もいるそうですから、企業も大学側もかなり困惑しているでしょうね。
ただし、親世代と子世代の就職活動状況の違いを理解し、子供を適切にサポートしてもらうためにも親を対象とした就職説明会は必要だという意見もあります。親が子供の代わりに就職先を探してきて与えるのではなく、子供の就職活動を精神面・金銭面で支えることが大切なのだと親の理解を促すこと、それが大学側が目指す「親の就職説明会」の目的であるようです。

公開日: