30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

問題とその修正によって変化する転職活動期間|目指すべき期間は?

   

問題がなければ3ヶ月以内

 何も問題がなければ、という表現は少しざっくりとしているかもしれませんが、普通の30代の転職希望者なら、3ヶ月もあれば1社は内定を決めることができるでしょう。

 転職活動にかかる期間を変化させる問題というのは、例えば、過信。自己分析や自己評価が間違っており、特に自分の能力を過剰に評価する癖(つまり、これが問題)を持っている人は、転職市場や企業からの評価との間にギャップが生じ、内定がもらえない日々が続くことになるはずです。

 人柄があまりよくない、第一印象がよくないといった問題も同じように転職活動期間を延ばす原因となります。

問題が修正できれば6ヶ月以内

 問題があったとしても、それを転職活動中に修正することができれば、半年も要さずに転職することができるでしょう。

 どこでその問題に気が付くかも重要です。過信していたと転職活動開始後1〜2ヶ月ほどで気付くことができれば、その後数ヶ月の間に内定を決められるはず。応募書類対策や面接対策に力を入れ、自分の印象を良くすることに尽力すれば、これも活動期間を短くすることに役立つでしょう。

 なかなか内定がもらえなければ、「問題があるのかもしれない」と思うことです。それが修正へと、そして活動期間への短縮へと繋がると思っておきましょう。

2ヶ月以内を目指したい30代

 30代ほど転職活動にピッタリな年代はないはずです。多少問題があっても転職できてしまうのではないか、それが30代。

 この年代のうちに転職するのであれば、2ヶ月以内で内定をもらうことを目指してもらいたいもの。それも決して不可能ではないですし、むしろ30代の転職活動者の内の半分くらいは2ヶ月以内に転職先を決められるのではないでしょうか。

 転職求人情報媒体を上手く使うこと、冷静に分析と研究を行うこと、修正や見直しを積極的に取り入れること、これらを守っていれば、2ヶ月以内での転職も余裕なはずです。

関連記事

  • 転職する際の4つの注意事項を紹介
  • あなたは今、仕事が楽しいと言えますか?
  • 目的を決めてこその転職
  • 30代の市場価値とは
  • 30代で転職するのならどのタイミングがいい?
  • 30代は転職にピッタリの時期である
  • 休職中の転職活動に問題は?考えられる幾つかの“問題”に焦点を当ててみましょう
  • 30代は絶対に在職中に転職活動をした方が良いに決まっています!
  •  - 転職活動の準備

      関連記事

    30代で転職するのならどのタイミングがいい?

    できれば早い段階がベストではあるが  同じ30代でも前半と後半では求められるもの …

    30代は絶対に在職中に転職活動をした方が良いに決まっています!

    市場価値が高くても在職中の転職活動がいい?  30代と言えば、転職市場では引く手 …

    目的を決めてこその転職

    何故転職したいのか  転職をしたいのなら、当然のことながら「何故転職したいのか」 …

    30代は転職にピッタリの時期である

    30代は転職真っ盛り  30代というと、働き盛りで昇進も視野に入ってくる年代です …

    30代の市場価値とは

    求められる価値は「実績」  30代で転職するとなると20代と比べるとキャリアがあ …

    自己分析は転職成功の基本

     30代でキャリアアップ転職を目指すなら、まず自己分析をしっかり行うことが大切で …

    休職中の転職活動に問題は?考えられる幾つかの“問題”に焦点を当ててみましょう

    ルール上は問題ない?  休職中に次の職を求めて転職活動をすることには、幾つかの問 …