30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

休職中の転職活動に問題は?考えられる幾つかの“問題”に焦点を当ててみましょう

      2015/12/16

ルール上は問題ない?

 休職中に次の職を求めて転職活動をすることには、幾つかの問題やハードルが出てくると考えることができます。そのひとつが、ルール上の問題です。この場合のルールとは、主に法律と就業規則のふたつになるのではないでしょうか。

 まず、法律上の問題ですが、これは全く心配いりません。労働基準法にも民法にも特に記載はなく、実際に休職中に転職を成功させた人も多々いるはずです。就業規則についてですが、これは各社異なるため、何とも言えません。恐らくこれを禁じている企業は少ないと考えられますが、一応確認しておいた方がいいでしょう。

身体や心に問題は?

 次に考えなければならない問題は、健康状態に関するものです。身体や心、ここに問題があり、休職に至ってしまった人も少なくないのではないでしょうか。もし仮に、身体や心の健康状態が万全ではないのであれば、転職活動を始めるよりも先に、健康を取り戻すことを考えるべきなのかもしれません。

 なぜなら、転職活動そのものも身体や心に負担はかかりますし、転職が上手くいったとしても、転職先で身体や心に負担をかければ、今と同じような状況になってしまう可能性が出てくるからです。無理をして同じ轍を踏む必要はないでしょう。

その他に懸念される問題

 法律上や就業規則上、特に問題はなく、身体や心にも問題がなかった場合でも、休職中に転職活動を行うことには忘れてはならない問題が残っています。道義的な問題、あるいは採用する企業側から見た時に懸念される問題などです。

 これらの問題はリンクしています。つまり、「休職中に転職活動を行うのは社会人としてどうなのか」と思われてしまう可能性が非常に高いのです。また、「採用するとデメリットがあるかもしれない」と少しでも思われたら、その分、転職が遠ざかってしまうでしょう。

 こうして幾つかの問題を取り上げてみると、休職中の転職活動は、あまりお勧めできるものではないのかもしれません。

関連記事

  • 転職する際の4つの注意事項を紹介
  • あなたは今、仕事が楽しいと言えますか?
  • 目的を決めてこその転職
  • 30代の市場価値とは
  • 30代で転職するのならどのタイミングがいい?
  • 30代は転職にピッタリの時期である
  • 30代は絶対に在職中に転職活動をした方が良いに決まっています!
  • 問題とその修正によって変化する転職活動期間|目指すべき期間は?
  •  - 転職活動の準備

      関連記事

    自己分析は転職成功の基本

     30代でキャリアアップ転職を目指すなら、まず自己分析をしっかり行うことが大切で …

    問題とその修正によって変化する転職活動期間|目指すべき期間は?

    問題がなければ3ヶ月以内  何も問題がなければ、という表現は少しざっくりとしてい …

    30代で転職するのならどのタイミングがいい?

    できれば早い段階がベストではあるが  同じ30代でも前半と後半では求められるもの …

    30代は絶対に在職中に転職活動をした方が良いに決まっています!

    市場価値が高くても在職中の転職活動がいい?  30代と言えば、転職市場では引く手 …

    目的を決めてこその転職

    何故転職したいのか  転職をしたいのなら、当然のことながら「何故転職したいのか」 …

    30代は転職にピッタリの時期である

    30代は転職真っ盛り  30代というと、働き盛りで昇進も視野に入ってくる年代です …

    30代の市場価値とは

    求められる価値は「実績」  30代で転職するとなると20代と比べるとキャリアがあ …