30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

企業分析はどこまで必要?

      2014/08/04

 
 30代の転職活動をするのは、自分にマッチした求人かどうかを見極めるだけでなく、応募書類や面接で自分を価値づけできるところを見つけるのに役立つからです。
 では、企業分析はどこまで必要なのでしょうか?

 

キャリアアップ転職を果たしたいなら

 30代でキャリアアップ転職を目的に企業分析を行うなら、同業退社と事業領域別の情報収集をして、その将来性を確かめる必要があります。希望する事業領域の売り上げと伸び率、得意な分野と伸ばせる可能性がある市場などの情報を集め、しっかり比較検討してみましょう。
 
 また、同業他社と比較することで、業界での位置づけや応募を検討している企業の将来性を予想する一助にもなります。最近の動向やIR情報も、きちんとチェックしましょう。

応募書類を作成するために

 30代で希望の転職を果たすためには、ライバルに差をつける応募書類を作成する必要があります。企業分析をきちんと行いことで、いま応募企業が足りないと思われる分野やスキル、欲しい人物像が見えてきます。
 
 そこにいかに自分がマッチするかを、アピールできれば、ライバルの中で頭を一つ抜きんでることができるはずです。企業のニーズを把握したうえで、志望動機や自己PR、職務経歴書を作成するのです。
 
 自分の仕事への姿勢や、これまで培ってきたキャリアと専門スキルが、応募した企業にどう役立つと考えているのか、どういう方法で利益貢献できるのかを、自分の言葉で綴るのです。
 
 また、30代ともなれば、職務経歴書も「職能式」の方が、あなた個人が持つスキルを、よりわかりやすく説明できるはずです。「職能式」の一番上の項目に、応募する職種に活かせるスキルと経験を、具体的なエピソードを添えて、記載するのです。きっと、書類選考通過率がアップすることでしょう!

面接でアピールするために

 応募書類には、残念ながら欄のスペースや枚数などの制限があり、考えていることのすべてを文章にすることはできません。ですが、応募書類の内容に興味を持った企業であれば、面接でより詳しい話を聞きたいと思うものです。
 
 そこで、書類には書ききれなかった熱意やアイデアを、企業の採用担当者にプレゼンするのです。企業分析ができ、応募企業のほしい人材がわかっていれば、自分を価値づけできるスキルやエピソードを見分けることができます。
 
 その点を踏まえて、自分ができると思うこと、入社後にトライしてみたいことを、誠意をもって説明してください。きっと内定が近づくはずですよ!

 - 応募企業の選び方

  関連記事

no image
企業分析の方法

 30代で転職活動をするからには、徹底した企業分析を行っておくのがセオリーです。 …

no image
求人票の見方と注意点

 30代での転職は、その後のキャリアの形成に多大な影響を与えるものです。キャリア …

no image
このような求人にはご用心を

当たり前を確認  求人にもいい求人と悪い求人があり、悪い求人というのは問題がある …

30代での良い求人って?

「良い」求人とは?  一般的に良い求人とされるのは何でしょうか?給料がよい会社で …

no image
30代だからこそ利用すべきスカウト機能

実績のある今が最もスカウトのチャンス  転職サイトにはスカウト機能というものがあ …