30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

企業分析の方法

      2014/08/04

 30代で転職活動をするからには、徹底した企業分析を行っておくのがセオリーです。
 
 自分のキャリアアップ転職が実現できる職場なのかを見極めるためにも、ライバルに差をつける応募書類を作成するためにも、企業分析は欠かせません。では、企業分析の方法には、どんなものがあるのでしょうか。一緒に考えてみたいと思います。

企業分析は事業領域ごとに行おう!

 30代で必要な企業分析は、会社全体のものではなく、事業領域別のものです。
 
 応募しようと思っている業種あるいは職種に対応する事業領域で、誰に対してどのような商品・サービスを、どんな方法で提供しているのかという、ビジネスモデルの分析を行ってください。
 
 その際、事業領域で考えた、その企業の強みと弱み、ここ数年の業績を調べるのが基本です。日ごろから新聞等で業界のニュースをこまめにチェックしているか否かが、企業分析には大きく影響を与えます。
 
 最近の動向は「日経テレコン」や企業のホームページで、財務情報は投資家向けのIR情報や「会社四季報」「帝国データバンク会社年鑑」「東商信用録」でなど、欲しい情報に合わせて媒体を使い分け、徹底的に調べてください。

ライバル会社と比較検討する

 応募企業に関する企業情報が集まったら、次に行うのは、ライバル会社の同じ情報です。事業領域別に、同じ項目を比較検討すると、経営の安定性や伸びしろ、双方の長所、短所が見えてきます。
 
 そうした比較検討で、応募企業を見極めることができるだけでなく、応募書類にアピールポイントとして盛り込むべきことが見えてきます。手間を惜しまず、行ってください。

得た情報はとことん使う!

 企業分析をすると、中途採用をして補強したい事業的な課題や、欲しいと思っている人物像が予想できるはずです。そうした企業のニーズを把握したうえで、自分に価値づけできる履歴書や職務経歴書を作成するのです。
 
 志望動機なら、これまでのキャリアとノウハウを、事業のどんな点で活かせると思うのかを盛り込む。職務経歴書なら、自分がこれまで培った専門スキルの中で、応募企業が特に必要としているものを重視したものを作成するなど、方法はいくらでもあります。

 企業は30代の中途採用者に、即戦力として活躍することと、将来の幹部候補として、会社を盛り立てることを望んでいます。いまも、そして中長期的にも、自分の存在が企業に利益貢献できるとアピールできれば、内定がより近づきます。得た情報はとことん使って、内定を引きよせてください。

 - 応募企業の選び方

  関連記事

30代での良い求人って?

「良い」求人とは?  一般的に良い求人とされるのは何でしょうか?給料がよい会社で …

no image
求人票の見方と注意点

 30代での転職は、その後のキャリアの形成に多大な影響を与えるものです。キャリア …

no image
企業分析はどこまで必要?

   30代の転職活動をするのは、自分にマッチした求人かどうかを見極めるだけでな …

no image
30代だからこそ利用すべきスカウト機能

実績のある今が最もスカウトのチャンス  転職サイトにはスカウト機能というものがあ …

no image
このような求人にはご用心を

当たり前を確認  求人にもいい求人と悪い求人があり、悪い求人というのは問題がある …