30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

ハローワークで提供しているサービスとは?

      2014/08/04

 30代で転職のための求人を探すときは、求人サイトや人材紹介会社を使うひとが増えているのではないでしょうか。ですが昨今は、ハローワークの求職支援が充実しています。
 
 そこで今回は、求人媒体としてのハローワークについて、考えてみたいと思います。

ハローワークの特徴

 ハローワークはそもそも、雇用保険に関わる手続きを行うとともに、求職者の職業相談にのったり、求人を紹介するのが業務です。ハローワークに寄せられた求人情報を手に入れるためには、まず求職申し込みの手続きをしなければなりません。
 
 手続きが済めば、設置されているパソコンを使って、求人情報を検索できるようになります。応募したい求人を見つけたら、相談窓口の方に伝え、企業に応募の問い合わせをしてもらうというシステムになっています。
 
 ハローワークで取り扱っている求人の多くは、地域の情報ですが、ネットワークを使って、全国各地の求人を検索できます。

ハローワークが提供しているサービス

 ハローワークが提供しているサービスは、求人情報を調べ、アポイントをとる作業に留まりません。失業中の30代なら、就業のために、ハローワークが関わる職業訓練校に無料で通うことができます。
 
 失業保険給付中に職業訓練を受けると、失業手当が増額になったり、受講手当や通所手当をもらえるので、退職して就職活動をしているなら、活用するとメリットが大きいはずです。
 
 また、フリーターやニートの30代であれば、若者ハローワークを使って、就職相談から応募書類の作成、面接の指導を受けられるなど、きめ細かく就職活動をサポートしてもらえます。
 
 無料で活用できるサービスも充実しているのですから、一度足を運んで、その目で確かめてみることをおすすめします。

ハローワークの利用方法

 現在、在職中で転職活動を行う30代だと、行政機関であるハローワークの稼働時間が勤務時間にぶつかるため、活用しにくいと感じることもありえます。ですが、ハローワークで求人を探す方法は、自ら端末を使って検索するだけではありません。
 
 事前にハローワークに出向き、自分が希望する仕事内容や、持っている資格を登録しておくと、マッチする求人を紹介してくれる制度もあるのです。そうした制度もフル活用すれば、より多くの求人情報を集めることができるはずです。
 
 ハローワークを活用するメリットも理解したうえで、マッチする情報を得るために、求職活動の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

 - どの媒体が有効?

  関連記事

no image
求人情報誌と新聞の利用方法

 30代で転職のための求人を探す方法には、いろいろあります。  求人サイトや転職 …