30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

キャリアの棚卸しってどうやるの?

   

キャリアの棚卸しは簡潔にまとめるのが大事
 
 30代の転職活動において、自分の長所・短所を客観的に把握する自己分析は不可欠のプロセスです。これまでアルバイトや非正規も含めて、自分が経験してきた実務の中から、「キャリアの棚卸し」を行って、応募書類や職務経歴書、面接などの選考のそれぞれのステップにおいて、企業に堂々と自己アピールできるようになりましょう。

「キャリアの棚卸し」を省いて転職活動を続けると、「自分がどういう仕事に就きたいのか自分でもよく分からない」「キャリアパスの途中経過としての転職活動ではなくて、とにかく何がなんでも内定を取るための転職活動になってしまった」という風に、自分でも気がつかないうちに目的と手段が入れ替わってしまいます。

 “転職回数は多いのに自分の進むべき道がいまいちはっきり自分の中で固まっていない30代”は、採用担当の目には頼りない人に見えるかもしれません。

 キャリアの棚卸しですが、自分のこれまで経験してきた「職種」を紙の上に書きだしてみることから始まります。最初に、自分が経験してきた仕事内容を書き出しましょう。

 役職や拘束時間、他に人間関係など思い出せることがあれば何でも書いてみましょう。次に経験したことがある「職務」を書き出してみましょう。実績があればなるべく具体的な数値を挙げて記載しましょう。

自己評価してみましょう
 
 次に、自分が書きだした「職種」や「職務」について、自己評価を書いてみましょう。「職務」の場合は、その仕事を経験することで身についたスキルや能力を書き込みます。そうした自己評価を行った「職務」について、今の会社でさらに成長していくことができるかどうか?を考えてみましょう。

 現職でどう考えても無理そうなら、“なぜ無理であると考えるのか?”も文章にしてみましょう。この点が「自分が転職をする理由」です。

 紙に書き出す順番ですが、30代の転職希望者なら、多くの職場を経験してきた男女がいるかもしれません。年代順に時系列にこなしてきた仕事を振り返ってみても構いません。

 要は、“その仕事から得られた経験”や、“身についたスキル”、“仕事の内容が自分に適性がありそうかどうか”、という点を中心に自己分析を固めていきましょう。

 そして転職先で伸ばしたいと思っているスキルや、もっと極めたいと思っている仕事内容があるかどうか?考えてみましょう。キャリアの棚卸しで重要なのは、自分のスキルを企業の採用担当の目線で振り返ってみることです。

 - キャリアの棚卸し

  関連記事

no image
キャリアの棚卸し注意点は?

①過去の栄光にとらわれないために 「キャリアの棚卸し」は、自分がこなしてきたひと …

no image
キャリアの棚卸しメリットと活用方法は?

①転職の成功とは  30代の転職を早期に成功させるためには、「キャリアの棚卸し」 …