30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

これからのために挨拶を忘れずに

      2016/03/24

退職はゴールではない

 退職するとなればその企業で働くのは終わることになりますが、ここで勘違いしないで欲しいのがそこでの仕事は「一旦」終わるということです。

 確かに新しい転職先で仕事をすることになりますが、今後その働いていた企業の世話になる可能性があるのです。

 だからこそ退職の際には挨拶が大事となります。そうして挨拶をして会話をすることで今後も良好な関係で仕事をしていくことができるからです。

 何も挨拶せずとも相手はそこまで悪い印象を持たないこともあるかもしれませんが、逆にいい印象も持たない、いわゆる「どうでもいい」という印象を持つことになります。

 この場合だと自分への関心もなくなって今後の仕事に影響が出る可能性もあるので、そういう意味ではその企業の人間の1人1人に挨拶していった方がいいでしょう。

世話になった客とも挨拶しよう

 そして挨拶するのは企業の人だけでなく、他の世話になった客の企業ともします。

 もし勤めていた企業が多くの企業と関係を持っているのなら、転職した先でもお世話になる可能性が高いので、その時に挨拶して転職することを伝えておけば転職先で世話になる際に円滑に話を進めていくことができるでしょう。

 ただあまり多いと直接訪問して挨拶するのは難しい話となるので、その場合にはメールで挨拶をするといいでしょう。メールの場合は一度書いてしまえば修正が難しいので、言葉をには気をつけてください。

関連記事

  • 退社の際にはどういう理由で伝えるか
  • 入社式の自己紹介で自分のアピールを
  • 試用期間の説明と頭に入れておきたい試用期間トラブル
  •  - 退職と入社

      関連記事

    退社の際にはどういう理由で伝えるか

    円満退職のための退社理由  退職をするのならやはり今後の転職先の仕事のために円満 …

    試用期間の説明と頭に入れておきたい試用期間トラブル

    求人に載っている“試用期間”の説明  全ての求人ではありませんが、転職サイトに載 …

    入社式の自己紹介で自分のアピールを

    30代だからこその自己紹介  30代の転職は実績と経験がポイントとなりますが、転 …