30代の転職術!?成功する3つのポイントと転職サイト情報

*

このような求人にはご用心を

   

当たり前を確認

 求人にもいい求人と悪い求人があり、悪い求人というのは問題がある企業であるのでそこに引っかからないように情報を集めて用心したいところです。

 30代であってもそれは変わりません。まずは求人情報を見て「ん?」と疑問に思ったら警戒をしましょう。世代関係なしに悪い求人の傾向としては「必要な情報が不十分」という点が挙げられます。

 こうした企業は大抵は都合の悪いことは書かずに騙して社員を募ろうとする問題のある企業であることが多いです。

 一方で本当に見落として書き忘れてしまったという企業もあるので、電話で確認するのも忘れないようにしましょう。

30代だからこその悪い求人

 30代で転職となれば求められるのは実績です。と、なれば求人を探すのも何かしら経験者を募っている企業のものとなるでしょう。

 と、なればここでポイントなるのがその経験に関しての情報です。もしその企業がやっている仕事と求めている経験が噛み合わない場合にはおかしいと思った方がいいでしょう。

 求人でそう書かれているということは、経験者である30代を「使い捨て」として利用しようとする問題のあるところか、そうした論理的な問題がなくても、自分達が目指すべき、必要とすべきことを把握していない方針の面で問題がある企業であると見ることができるからです。

 当然のことながら、探す側もそれを判断する能力が必要となるので、調べて把握をしておきましょう。

関連記事

  • 30代での良い求人って?
  • 30代だからこそ利用すべきスカウト機能
  •  - 応募企業の選び方

      関連記事

    no image
    企業分析はどこまで必要?

       30代の転職活動をするのは、自分にマッチした求人かどうかを見極めるだけでな …

    no image
    30代だからこそ利用すべきスカウト機能

    実績のある今が最もスカウトのチャンス  転職サイトにはスカウト機能というものがあ …

    no image
    企業分析の方法

     30代で転職活動をするからには、徹底した企業分析を行っておくのがセオリーです。 …

    no image
    求人票の見方と注意点

     30代での転職は、その後のキャリアの形成に多大な影響を与えるものです。キャリア …

    30代での良い求人って?

    「良い」求人とは?  一般的に良い求人とされるのは何でしょうか?給料がよい会社で …